社会保険労務士の独学・合格体験など

教材の質、フォロー共に断然「通信専門校」に軍配

これまで読み進めてこられた皆さんであれば、「社会保険労務士試験対策に通信教育を使ってみようか」という方も多いと思いますが、ひと口に「通信教育」といえども最近ではかなりバラエティに富んでおり、学習を始める以前にまず頭を悩ませるポイントが「講座選び」になるのではと感じます。
受講する通信教育の選択肢が増えたこと自体は、受験生にとっては良いことです。しかしながら、そのすべてが必ずしも良質の講座であるとは言えないことを考慮すれば、講座選びはこれまで以上に難しくなってきているとも言えます。
これから社会保険労務士試験に挑戦される皆さんはしっかりと中身を見比べ、“合格に直結する講座”を見極めて下さい。

 ここであえて「しっかりと中身を見比べ」と書いたのは、実に多くの受験生が実際の講座内容を見ることもなく、何となく知名度の高いスクールの講座を選んで失敗している現状があるからです。

例えば、大手資格予備の場合、“大手”というだけで安心感があるのですが、実際、通信教育としてはさほどクオリティの高いものではありません。
なぜなら、大手では通学講座がメインになっているスクールが大半で、通信教育はいわばオマケ的な位置づけであるケースが多いからです。
通学と通信ではそもそも学ぶ環境が異なるわけですから、教材だって違っていなければなりません。
しかしながら、通学講座と同じ教材を提供し、講義も通学講座の授業を定点カメラで収録しただけ。このような通信教育では、とてもじゃありませんが自宅で、しかも1人で効率良く学べるはずもないでしょう。

 これから社会保険労務士試験対策の通信教育を選ばれる皆さんは、あえて「通信教育専門校」の講座に注目されることをオススメします。
通信教育に特化したスクールの教材であれば、その内容は「自宅学習」「1人きりでの対策」に沿うようしっかり研究されているものです。
難解な制度や用語の理解、さらにはモチベーション維持のための工夫も、通信専門校の方が充実していると言えるでしょう。

そしてもちろん、候補となる講座については、受講前に必ず内容を確認しましょう。冒頭でもお伝えした通り、必ずしもすべての講座が良質であるとは限りません。
サンプル教材が提供されているもの、ホームページで閲覧できるものについてはしっかり中身をチェックしておくと、受講後の「こんなはずじゃなかった」を回避することが出来ます。

>>合格率が4倍にもなる社労士勉強法とは?