社会保険労務士の独学・合格体験など

わかりにくい10科目を、全部並行して勉強する必要があり

社会保険労務士の科目は、なるべく早いうちに全科目を一周しておくことがおすすめですね。 全然頭に入らないのも困りものですが、理解できるまで頑張ろうとするのも間違いの元。なにしろ、最初はどの科目もわからないことだらけで、すぐに立往生してしまいますから。

私もその点で間違えたので、これからの社会保険労務士受験者には同じ過ちはしないでほしいです。いったんここで全科目を書きますが、これを見て頭がくらくらしてくるようだったら、最初のうち早く全範囲を一周することを忘れないように要注意が必要かと思います。

<労働法関係>
・労働基準法
労働法の中心的な法律。いろいろな決まりごとが中心です。
・労働安全衛生法
労働者の安全を確保するための法律。労働する場所等に対しての規制等が中心です。
・労働者災害補償保険法
仕事中に、事故等に見舞われた労働者への待遇等を決めている法律です。
・雇用保険法
失業者には、生活に補償が必要ですね。その決まりを規定している法律です。
・労働保険の保険料の徴収に関する法律
労働保険の納め方を中心に、保険料や保険関係の仕組みを規定している法律です。
・労務管理その他の労働に関する一般常識
ここまでに入っていない法律をまとめてここで勉強します。

<社会保険法関係>
・健康保険法
誰でも保険証は持っているはずですが、その仕組みが中心ですね。
ちなみに「労働中の事故でのけがや病気」なんかは対象外です。
・厚生年金保険法
企業は従業員に対して用意する、厚生年金の内容を規定する法律ですね。
・国民年金法
厚生年金に入らない人は必ずこれに入るはずですが、その内容を規定する法律ですね。
・社会保険に関する一般常識
「一般常識」という名前になっていますが、どちらかというとこまごまとした小さめの法律をまとめて、こう呼んでいます。

というわけで、社会保険労務士には全部で10科目あることになります。これを1周どころか、試験の日までに3週はすることを目標にしたほうが、本来は正しいですね。

全科目やらないといけない理由はほかにもありますね。社会保険労務士試験だと全科目で原則として3点以上正解を出さないといけません。救済が入ることはよくありますが、点を取れない科目があるとほとんどの場合命取りになってしまいますから、全く気が抜けません。

理想なら、全科目のオールラウンダーになることが最高です。独学では無理かもしれませんが、トップランナーとなっている通信講座だったら、それも実現できるようになる可能性が見えてきます。

>>合格率が4倍にもなる社労士勉強法とは?