社会保険労務士の独学・合格体験など

社会保険労務士の学習の王道は?

社会保険労務士の勉強で逃れなれないのが暗記だと解説しました。
他にも逃れない勉強法は沢山ありますが、その中で特に重要なのは過去問です。

多分一度は、社会保険労務士の勉強の王道は、過去問だと聞いた事があると思います。
私も社会保険労務士に合格できた理由は、講義を聞きながら、過去問演習をしたからだと思っております。

それでは、まず何故過去問が重要なのか、簡単に解説してみます。

過去問の重要性を一言でいうなら、本試験の問題とほぼ類似するからです。
つまり、問題のレベル、出題範囲、解答法などほとんど同じなのです。

ということは、過去問の内容を理解する事が出来れば、
本試験に合格できるレベルに達するということになります。

そして、そのことについて、試験制度が変わらない限り、
例外はありません。

重要なので、もう一度言いますが、
● 例外はありません。

しかし、中には、今年はまったく別の形の問題が出題されるかもしれないと、
勝手な思い込みをもち、余計な学習をする方がいます。
確かに気持ちはわからなくありませんが、
余計な学習を増やすほど余裕はないはずです。

といよりも、過去問でさえ終わらせる事が出来る方は限られます。

もし仮に過去問をしっかりと勉強しても合格出来なかった方がいるとすれば、
運が悪いか、自分では勉強したつもりでも実は全然理解出来ていない方です。

すでに一度説明したように、社会保険労務士は出題範囲が広く、
すべてまともに勉強するのは至難の業です。
大抵の方は挫折してしまいます。
ですので、過去問で出題範囲を絞り、
本試験に出題される可能性の高い分野の問題をしっかりと学習して下さい。
それが最短で社会保険労務士に合格できるコツです。

>>合格率が4倍にもなる社労士勉強法とは?