社会保険労務士の独学・合格体験など

社会保険労務士受験と横断学習の深い関係

社会保険労務士の試験勉強のテクニックに「横断学習」という方法があります。
この横断学習で勉強がはかどったという体験談はよく聞きますしおすすめですね。

この方法では、社会保険労務士の各科目を「横断しながら」一周します。社会保険労務士のテキストや問題集は、普通は科目ごとに分けられていますし、受験者もまずは各科目に集中して取り組むことになります。

しかし、勉強機関の中盤くらいにさしかかったら、どの科目についてもひと通りはマスターしているでしょう。そうなったら、それぞれの科目の違いおよび類似点を整理することが大事になります(なぜならば、社会保険労務士の科目は、法令を軸にして分割されていますね。これらの法令科目は、「似ているようで異なります」よね? そこで、時期がきたら各科目を横断することで、正確な認識を持とうとする作業が必要になるのです)。

横断学習方法については、決定的な方法論はないようです。ひとりひとりの受験者が、好きなようにやってもいいでしょう。たとえば、自分がよく混同する科目があると思ったら、それらを取り出して横断してもいいわけです。

ちなみに、社会保険労務士に負けず劣らず難易度が高い資格試験はたくさんありますし、社会保険労務士と勉強内容に共通点が多い資格試験だってたくさんありますが、どういうわけかこの横断学習方法、その他の試験勉強ではあまり名前を聞く機会がありません。だからこそ一般的な知名度が低いのでしょうが、社会保険労務士にこれからチャレンジするなら、ぜひ知っておいてほしいと思います。

>>合格率が4倍にもなる社労士勉強法とは?