社会保険労務士の合格基準と、勉強方法のつながり

社会保険労務士では、たくさんの科目を勉強しないといけません。
何種類もの法令が、科目として設定されていますが法令といえば、やたらに難しい文章が並んでいます。もちろん、六法全書ばかりを読んで勉強するわけではありませんし、今どきのテキストや参考書には、できるだけやさしい文章で説明してくれます。しかしこれらの法令科目のしんどさに悲鳴をあげる受験者は、毎年あとを絶ちません。

しかし、それらの法令を必ずひと通りは勉強して、一定以上の学力を身につけないといけないのが社会保険労務士試験の泣きどころ。よくこの試験では、「テキストや過去問題集を通して、バランスの良い勉強を!」なんて力説されていますが、実際に合格基準の仕組みを観察すれば、その理由がわかるはずです。

社会保険労務士試験には、毎年独特の合格基準が設けられます。この基準は毎年微妙に変化しますから、終わってみないとどうなるのかわかりません。しかし大きく変わることはないため、通学講座・通信講座ではその合格基準をヒントにしてカリキュラムをつくりますし、受講者にも情報はよく流してくれますね。
では、毎年の社会保険労務士試験の、合格基準とは?

・選択式問題40点満点のうち、21~26点くらい
+各科目で、3点
・択一式問題70点満点のうち、41~48点くらい
+各科目で、4点

以上を見ていると、選択式問題と択一式問題、どちらも70%とれれば合格基準を超えられるということになります。年度によっては60%でも合格できるチャンスがありますが、万全を期すなら70%が目標値でしょう。
そして、要注意すべきなのは、どちらの問題でも「各科目の点数」が合格基準に加わっていることです。
ようするに全体の得点で何とか基準に達することができても、どれかの科目が1点や2点しかとれなかったらそれだけで不合格になってしまうのです。(例外的な措置が加えられるチャンスもゼロではありませんが)
この「科目ごとの合格基準」がつくられていること。これこそが、社会保険労務士受験において、全科目をバランスよく勉強するように推奨される主因となっているのです。

社会保険労務士受験と横断学習の深い関係

社会保険労務士の試験勉強のテクニックに「横断学習」という方法があります。
この横断学習で勉強がはかどったという体験談はよく聞きますしおすすめですね。

この方法では、社会保険労務士の各科目を「横断しながら」一周します。社会保険労務士のテキストや問題集は、普通は科目ごとに分けられていますし、受験者もまずは各科目に集中して取り組むことになります。

しかし、勉強機関の中盤くらいにさしかかったら、どの科目についてもひと通りはマスターしているでしょう。そうなったら、それぞれの科目の違いおよび類似点を整理することが大事になります(なぜならば、社会保険労務士の科目は、法令を軸にして分割されていますね。これらの法令科目は、「似ているようで異なります」よね?
そこで、時期がきたら各科目を横断することで、正確な認識を持とうとする作業が必要になるのです)。

横断学習方法については、決定的な方法論はないようです。ひとりひとりの受験者が、好きなようにやってもいいでしょう。たとえば、自分がよく混同する科目があると思ったら、それらを取り出して横断してもいいわけです。

ちなみに、社会保険労務士に負けず劣らず難易度が高い資格試験はたくさんありますし、社会保険労務士と勉強内容に共通点が多い資格試験だってたくさんありますが、どういうわけかこの横断学習方法、その他の試験勉強ではあまり名前を聞く機会がありません。だからこそ一般的な知名度が低いのでしょうが、社会保険労務士にこれからチャレンジするなら、ぜひ知っておいてほしいと思います。

社会保険労務士の講座・教材の口コミを読む前に

社会保険労務士の通学講座・通信講座は、毎年変わっています。新しく参入する事業者・団体がいるかと思えば、開講するのをやめてしまうところもあります。

※通学講座については、キャンパスが必要ですからさすがにそんな簡単に新規参入はできません。しかし通信講座については、それほどのコストや労力をかけなくても参入できるのだとか。

いずれにしても、ちょっとGoogleやYahooで検索しただけで、信じられないほどたくさんの通学講座・通信講座が出てくるでしょう。全然社会保険労務士の講座を使ったことがない未経験者にとっては、どの講座にしようか迷ってしまうのが普通でしょう。

しかしネット上では、簡単に口コミを読めるという性質がありますね。あらゆるジャンルで口コミサイトが設置されているご時世です。社会保険労務士に関する口コミサイトはおそらくないでしょうが、いろいろなサイトで評判を聞いたり探したりすることはできます。
※あえていうなら、Amazonのようなショッピングサイトの場合、教材や参考書に関して口コミがまとまって書いてあるのを読むことは可能でしょう! 

何も知らない人にとっては、それらの口コミは数少ない参考材料になることでしょう。しかし口コミはあくまでも口コミです。そのことは、忘れないようにしてください。

それらの口コミを読むにあたっては、以下の2点をいつでも、頭から離さないようにするべきでしょうね。
1 悪意や何らかの意図に基づいた口コミが混ざっている可能性
もともと、主観的な口コミが多いことは言うまでもありません。また、業者の「やらせ」が横行していることだってありえます。
2 口コミ情報の古さ・鮮度
これも大事なポイントです。社会保険労務士の講座は、最初に書いたように毎年のように頻繁に変化するものです。口コミが書かれた時期には最大限の注意が必要です。

最後のひと月で、やることとは

社会保険労務士の試験まで、残りひと月に入ったら、それまでとは変えたほうがいいことがゾロゾロと出てきますね。

社会保険労務士の模試の結果を見て、最後の対策をする

模試でできなかった部分を洗い出して、あと30日でもできる対策が何なのか考えてください。
ちなみに、事情があってまだ模試を受けていなかったら、1回は受けたほうがいいですね、どうしても時間がないなら仕方がないですが。

単科講座を利用して、学力アップに向けて頑張る

今、「30日でもできる対策を」と書いたところですが、そのおすすめの方法が、この単科講座。
試験日が近いと、科目ごとの講座を、大手の社会保険労務士のスクールや通信講座だったら、やっているはずですから。
「単科」ですから、やる時間はそんなにいりません。料金だって数千円から1万数千円くらいで割得ですからね。

社会保険労務士の受験会場の下見をする

これは大切ですね。できれば同じ休日ダイヤで、朝からどんなルートで行動するのかチェックしてください。下見しておくほうが、万一の事態が当日起こっても対応しやすいですから。

体調を整える/毎日の時間の使い方を、試験日に近づけていく

これはおろそかにしないほうがいいですね。私だって油断していて苦しみましたから。
夜型人間の人は、早めに生活サイクルを切り替えてください。試験日に急に早起きしたって、あまりいいコンディションにはならないですから。

社会保険労務士の試験会場に持っていく品物を決める(ノート等も入れて)

持ち物も早めに決めてしまったほうがいいと思います。会場で、最後の見直しをするのに使う教材も決めないといけませんが、重くて分厚い参考書なんか持って行っても大して使えないです。ノートをつくっていないなら、よく使うテキストとか問題集に書き込んだものを選んだほうがいいと思いますが。

2ヶ月や3ヶ月や4ヶ月の独学で受かることはあり得る? 

社会保険労務士の独学をしたい人は、決まったように「必要な勉強時間は?」と質問したがります。私だって、昔はそうでしたからその気持ちはよくわかります。
ただ答えるのは難しいですね。「人によって大きく変わります」なんて答えでは満足しないでしょうし。今だから言えるのは「独学で合格するのは、通信で勉強する人の数倍はかかる恐れがあります」ということだけですね。通信のおかげで、半年くらいで受かる人がいるなら、その数倍、1年以上はかかってしまう恐れがあるでしょうから。

ちなみにそれは、普通の人の場合です。相当頭がよい人なら半年で受かるという人もいるかもしれませんが、おそらく毎年の合格者の中で0.1%もいないだろうと思ってしまいますね。
まあ、数千人の合格者がいるなら、0.1%でも数人はいることになりますね。毎年2~3名くらいなら、独学で、それも2ヶ月や3ヶ月や4ヶ月で受かる人もいてもおかしくないでしょうか。
ようするにほとんどの人にとって、3ヶ月くらいで社会保険労務士に受かろうとするのはただ無茶なだけでしょう。

奇跡を願っても、それはほとんど起こりません、本当に3ヶ月くらいで社会保険労務士に合格する人は、本当に2人か3人くらいだと私は固く信じていますから。
そういう奇跡に恵まれた人、ものすごく記憶力や読解力が高い人と同じことをしようとしても失敗に終わるだけでしょう。奇跡を起こした人が、決まって「3ヶ月で社会保険労務士に独学合格する方法」なんてマニュアルなんかを発売していますが、マネするだけ無駄だろうと思いますね。

わかりにくい10科目を、全部並行して勉強する必要があり

社会保険労務士の科目は、なるべく早いうちに全科目を一周しておくことがおすすめですね。
全然頭に入らないのも困りものですが、理解できるまで頑張ろうとするのも間違いの元。なにしろ、最初はどの科目もわからないことだらけで、すぐに立往生してしまいますから。
私もその点で間違えたので、これからの社会保険労務士受験者には同じ過ちはしないでほしいです。
いったんここで全科目を書きますが、これを見て頭がくらくらしてくるようだったら、最初のうち早く全範囲を一周することを忘れないように要注意が必要かと思います。

労働法関係

・労働基準法

労働法の中心的な法律。いろいろな決まりごとが中心です。

・労働安全衛生法

労働者の安全を確保するための法律。労働する場所等に対しての規制等が中心です。

・労働者災害補償保険法

仕事中に、事故等に見舞われた労働者への待遇等を決めている法律です。

・雇用保険法

失業者には、生活に補償が必要ですね。その決まりを規定している法律です。

・労働保険の保険料の徴収に関する法律

労働保険の納め方を中心に、保険料や保険関係の仕組みを規定している法律です。

・労務管理その他の労働に関する一般常識

ここまでに入っていない法律をまとめてここで勉強します。

社会保険法関係

・健康保険法

誰でも保険証は持っているはずですが、その仕組みが中心ですね。

ちなみに「労働中の事故でのけがや病気」なんかは対象外です。

・厚生年金保険法

企業は従業員に対して用意する、厚生年金の内容を規定する法律ですね。

・国民年金法

厚生年金に入らない人は必ずこれに入るはずですが、その内容を規定する法律ですね。

・社会保険に関する一般常識

「一般常識」という名前になっていますが、どちらかというとこまごまとした小さめの法律をまとめて、こう呼んでいます。
というわけで、社会保険労務士には全部で10科目あることになります。これを1周どころか、試験の日までに3週はすることを目標にしたほうが、本来は正しいですね。
全科目やらないといけない理由はほかにもありますね。社会保険労務士試験だと全科目で原則として3点以上正解を出さないといけません。救済が入ることはよくありますが、点を取れない科目があるとほとんどの場合命取りになってしまいますから、全く気が抜けません。
理想なら、全科目のオールラウンダーになることが最高です。独学では無理かもしれませんが、トップランナーとなっている通信講座だったら、それも実現できるようになる可能性が見えてきます。

教材の質、フォロー共に断然「通信専門校」に軍配

これまで読み進めてこられた皆さんであれば、「社会保険労務士試験対策に通信教育を使ってみようか」という方も多いと思いますが、ひと口に「通信教育」といえども最近ではかなりバラエティに富んでおり、学習を始める以前にまず頭を悩ませるポイントが「講座選び」になるのではと感じます。

受講する通信教育の選択肢が増えたこと自体は、受験生にとっては良いことです。しかしながら、そのすべてが必ずしも良質の講座であるとは言えないことを考慮すれば、講座選びはこれまで以上に難しくなってきているとも言えます。これから社会保険労務士試験に挑戦される皆さんはしっかりと中身を見比べ、“合格に直結する講座”を見極めて下さい。

ここであえて「しっかりと中身を見比べ」と書いたのは、実に多くの受験生が実際の講座内容を見ることもなく、何となく知名度の高いスクールの講座を選んで失敗している現状があるからです。
例えば、大手資格予備の場合、“大手”というだけで安心感があるのですが、実際、通信教育としてはさほどクオリティの高いものではありません。
なぜなら、大手では通学講座がメインになっているスクールが大半で、通信教育はいわばオマケ的な位置づけであるケースが多いからです。
通学と通信ではそもそも学ぶ環境が異なるわけですから、教材だって違っていなければなりません。しかしながら、通学講座と同じ教材を提供し、講義も通学講座の授業を定点カメラで収録しただけ。このような通信教育では、とてもじゃありませんが自宅で、しかも1人で効率良く学べるはずもないでしょう。

これから社会保険労務士試験対策の通信教育を選ばれる皆さんは、あえて「通信教育専門校」の講座に注目されることをオススメします。
通信教育に特化したスクールの教材であれば、その内容は「自宅学習」「1人きりでの対策」に沿うようしっかり研究されているものです。
難解な制度や用語の理解、さらにはモチベーション維持のための工夫も、通信専門校の方が充実していると言えるでしょう。
そしてもちろん、候補となる講座については、受講前に必ず内容を確認しましょう。冒頭でもお伝えした通り、必ずしもすべての講座が良質であるとは限りません。サンプル教材が提供されているもの、ホームページで閲覧できるものについてはしっかり中身をチェックしておくと、受講後の「こんなはずじゃなかった」を回避することが出来ます。

効率良く勉強したい方こそ、通信教育に注目すべき

前ページでは「資格対策のためには、通学講座が必ずしも一番ではない」ことをお伝えしましたが、ここでは残された選択肢、つまり「通信教育」について考えていきたいと思います。

通信教育というと、皆さんの中にはまだまだあまり良いイメージをお持ちでない方も多いと思います。
「簡単な試験対策なら良いけれど、社会保険労務士試験のような難関国家資格としてはちょっと・・・」
「スクールとしての実体が見えないから、どうも胡散臭い」
「一方的に教材を送りつけてくるだけなのでは?」
「自分に厳しくないと続かない」
・・・等々、通信教育についてのネガティブな意見は挙げればきりがありません。
しかしながら、これらはいわば“ひと昔前の通信教育像”であり、最近の講座がどのようであるかと言えば、あらゆる観点においてそのクオリティは格段に向上していることが分かります。

たとえば、社会保険労務士試験対策の肝となる「教材」については、「初学者がひとりで学べること」を基本とした、分かりやすさ重視のものが数多く出揃っています。
私が活用したフォーサイトの教材は、“モノクロで単調”“文字ぎっしり”といった従来の法律学習用テキストのイメージを一掃するような、カラー刷りで見やすく、出題されるポイントだけが的確に抽出されたものでした。
加えて、いつでもどこでも学べるオンライン学習システムが提供されたので、スキマ時間に効率良く対策を進めることが出来たことも良かったと思います。

もちろん、通信教育ということで若干の不安はありましたが、事前に無料サンプルで教材の中身を確認できたこと、そして公式ホームページには合格された先輩方の学習法や講師からのアドバイスが紹介されていたことで、比較的安心して学び始めることが出来たことも大きなポイントだったと思います。

何より、私自身日々忙しい中での受験対策であったことを鑑みれば、通学講座では学習が成り立っていなかったのではないかと感じます。
出題ポイント重視の教材で、都合の良い時間に学べる通信教育だったからこそ、合格まで頑張ることが出来たのではないでしょうか。

難関国家資格対策=スクール通いではありません。忙しい人が効率良く学習を進めていくためには、通信教育という選択肢にも目を向けてみるべきであると経験上、強く思います!

通うだけで満足してしまう危険性大

さて、ひと口に「社会保険労務士試験対策」と言っても、その手段にはいくつかの選択肢があります。学習法は大きく分けて、通学講座・通信教育・独学となるわけですが、合格を目指す上では一体どれを選ぶのが得策であると言えるのでしょうか?

まず、独学については私自身の経験上、オススメできません。確かに、ある程度長期間粘れば合格は不可能ではないのですが、それでは効率が悪すぎます。そうなると、社会保険労務士試験対策としては通学、もしくは通信の2択になるわけです。

この点、世間一般としてはどうやら「通学講座」に軍配が上がっているようです。社会保険労務士試験対策に限らず、どんな国家資格対策についても、ある程度のレベルのものになると「通信教育なんかより、ちゃんと予備校に通って対策する方が良い」というお声を一般的な意見として耳にしますよね。しかしながら、こういった認識は果たして正しいのでしょうか?

確かに、通学講座であれば
「プロの指導を直接受けられる」
「教室には仲間がいて、モチベーションが挙がる」
「必要な時には校舎スタッフからのフォローを受けられる」
「自習室などの施設が利用可能」
といったメリットがあります。講師、教材、カリキュラム、そして校舎を上手く活用することで、至れり尽くせりの受験対策が実現するでしょう。
ですが、一方では
「通学していることに満足してしまう」
「講師は目の前にいるが、他の受講生に圧倒されて質問が出来ない」
「同じクラスを受講しているライバルが気になって仕方がない」
「そもそも忙しくて、必要最低限しか校舎に通うことが出来ない」
等のデメリットも考えられます。
つまり、社会保険労務士試験対策のために予備校を使い倒すつもりが実態としてはそうできず、むしろ通っていること自体に満足して予復習がおろそかになったり、他受講生の影響で自信を無くしてしまったりというケースがとても多いのです。

予備校通学には、実はメリットと同じくらい、デメリットが潜んでいるもの。
皆さんは予備校を活用しきれるでしょうか?個々のライフスタイルや忙しさの度合い、性格といった要素を総合的に加味して、今一度考えてみて下さい。

過去問の具体的な学習法は?

先ほど、社会保険労務士は、過去問が重要だとお話しました。
ここでは、具体的な過去問の勉強法を解説していきます。
まず過去問は、最低でも10年分くらいは学習して下さい。10年分くらいの勉強すれば、本試験での出題傾向を掴めると思います。
次に5回以上は繰り返し、学習してほしいと思います。

よく過去問を学習しても、本試験に合格出来なかったという方がいますが、復習が足りてません。
とてもじゃありませんが、1回や2回勉強しただけで、 過去問を理解できるほどあまくありませんし、理解できる量ではありません。
何度も繰りかえし勉強して、はじめて過去問のパターンが理解できるのです、そして、一問一問正確に解いて下さい、少なくても答えの丸暗記はいけません。

何故正確で、何故不正解なのか理解できるまで、学習する必要があります。
しかし、過去問には、1割か2割くらい、どうやっても解けないような悪問があります。
それはテキストをみてもそれらしい答えが書いていません、つまりわざと解けないような問題が出題されているのです。

このことは私が利用していた通信講座の講師に聞いたのですが、社会保険労務士には、講師でも間違えることのあるような問題がいくつか出題されるらしいのです。
しかし、そうした問題は解く必要ありませんし、対策が出来ないので解きようがありません。
ですから、いくら過去問が重要だといっても、全ての問題を完璧に解かなくても大丈夫です。
そうした問題を解かなくても基礎問題を確実に解けるようにしておけば、十分に合格点に届く事が出来ます。