社会保険労務士の独学・合格体験など

社会保険労務士は、暗記が必要です。

多分、皆さんの嫌いな勉強の一つが暗記だと思います。
私も単調な勉強の暗記は、非常に苦痛だった記憶が今でもあります。
しかし、社会保険労務士は暗記から逃れられません。

そこで、私が行なっていた勉強は、とりあえず暗記をしない事です。
言っている事が矛盾しているように感じるかも知れませんが、
社会保険労務士の全体像や知識がないうちに暗記をしようとすると、
目的もわからず勉強している事と同じでので、中々覚えられません。

しかし、一通り勉強してから、暗記をすると、全体の流れがわかりますし、
何故この知識の暗記が必要なのかも理解できているので、覚えやすくなります。

具体的なタイミングは、横断学習をする時に、暗記の勉強を重点的にしました。

社会保険労務士は、科目ごとに同じ知識や類似知識が出てくるので、
その時に頭が混乱しないように横断的な学習が必要になります。

その時、どちらにせよ、暗記が必要になるので、
まとめて勉強した方が効率的です。

はじめての段階で暗記をしてしまうと、覚えにくいと言う事もありますし、
二度手間にもなります。

また、暗記はただ単に覚えるのではなく、問題を解きながら勉強した方が効果的です。

何故なら、問題を解きながら覚えると、その知識をどのように使うか考えるの、
記憶に残りやすいのです。
しかも、間違えれば、再度知識を覚えなおすので、さらに記憶に残りやすくなります。

暗記は大変で窮屈な勉強ですが、ここを乗り換えなくては、
社会保険労務士に合格できませんので、頑張って勉強して下さい。

>>合格率が4倍にもなる社労士勉強法とは?